大きさの異なる5つの箱を敷地中央に並べ、周辺環境と家族の暮らしを観察しながらそれらを丁寧にずらしていく。するとそこに小庭が生まれ、朝陽が差し込み、涼しい風が抜け始める。また空間を横断する大きな木板は、床との距離から食卓となり、調理台となり、座卓となり、机となり、椅子となる。

暮らしと環境が様々な距離で結ばれ、それらが一つの住宅にやわらかく編み込まれていく。ずらすという単純な操作で、家具というスケールから自然環境というスケールまでが途切れる事なく繋がり、建築の内外をやわらかく溶かしていく。距離という住宅にとって極めて根源的なものを見つめなおすことで、そこに新しさと豊かさがもたらされると考えている。

木箱
2014
住宅